天邪鬼なカマキリ

ポケモンのことを中心に色々書いていきます

【落ちぶれINC】ドンファン入り 日食ネクロズマ+カイオーガ

こんにちは、コルタカです。

先日、INC Nov.が開催されました。参加された方はお疲れ様でした!ツイッターを見てるとボーダーは1830越えだったりする噂らしいですね。2日目からガバプレイングで落ちぶれた僕には関係ない話。予選抜けされた方には頑張っていただきたいものです。

 

と、まあそういうのは置いといて今回は大会で使用した構築を紹介していきます。

 

【パーティ】

f:id:korutaka_poke:20181203162933p:plain

ポケモン

性格

技1

技2

技3

技4

持ち物

特性

日食ネクロズマ

呑気

フォトンゲイザー

メテオドライブ

トリックルーム

まもる

メンタルハーブ

プリズムアーマー

カイオーガ

呑気

しおふき

こんげんのはどう

かみなり

まもる

パワーリスト

あめふらし

カプ・テテフ

控えめ

ムーンフォース

サイコキネシス

シャドーボール

まもる

きあいのタスキ

 サイコメイカ

ドンファン

勇敢

10まんばりき

ジャイロボール

がむしゃら

こおりのつぶて

黒い鉄球

がんじょう

ラランテス

勇敢

リーフブレード

ばかぢから 

はたきおとす

まもる

フィラのみ

あまのじゃく

アギルダー

臆病

アシッドボム

いのちがけ

アンコール

まもる

サイコシード

かるわざ

 

QRレンタルパーティ】

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-9583-4D09

 

【個別解説】

 

日食ネクロズマ

性格:のんき 持ち物:メンタルハーブ 特性:プリズムアーマー 

実数値:204-178-170-×-153-73

技:フォトンゲイザー メテオドライブ トリックルーム まもる

 

こいつがいなきゃ始まらない。抜群技でも特性込みで余裕で耐えられるトリル発動要因である。耐久方面の調整としては、眼鏡特化ルナアーラシャドーレイを確定で耐えるようになっていて、残りはBとAに4だけ振っている。大会では眼鏡ルナアーラとは当たらなかったが、特性のおかげもあり集中砲火を食らっても倒されることは少なかった。持ち物について、初期はイベルタルがどうしても重く、じゃくてんほけんを持たせていたが、挑発を受けトリルを張れなくてptが回らないことのほうが深刻であったため、メンタルハーブを採用した。

 

 

カイオーガ

性格:のんき 持ち物:パワーリスト 特性:あめふらし 

実数値:206-×-116-202-161-99

技:しおふき こんげんのはどう かみなり まもる

 

このptのメインアタッカーであり、トリル下でどんどん殴っていく最遅カイオーガである…はずだった枠。まず実数値がこんなにも汚い数字になっているのは、このカイオーガGTS産であり、なおかつ王冠を使っていないからだ。しかもトリル下で使うのに最遅でなかったので、相手のラランテスに倒されることが異常に多くなってしまったが、それでもしおふきの制圧力は凄まじかった。努力値はHC252B4でいたって普通の配分となっている。

 

 

カプ・テテフ

性格:ひかえめ 持ち物:きあいのタスキ 特性:サイコメイカ

実数値:145-×-95-200-136-147

技:ムーンフォース サイコキネシス シャドーボール まもる

 

後述アギルダーのパートナー。先発で出すことが多かった。きあいのタスキを持っているので、カミツルギルナアーラの前でも強気に動けるのが超強くて、とくにルナアーラに関しては、アシッドボム+シャドーボールで確定で落とせるのがエライ。シャドーボールは他にもソルガレオミュウツーあたりにも刺さったので使いやすかった。あとは、単純にアシッドボム+テテフの技で大体のポケモンを倒せるのがポイント高い。

 

 

ドンファン

性格:ゆうかん 持ち物:くろいてっきゅう 特性:がんじょう

実数値:166-189-140-×-80-49

技:10まんばりき ジャイロボール がむしゃら こおりのつぶて

 

意外と知れてないけれど、とてつもないスペックを持ってるポケモン。主にネクロズマと一緒に先発で出す。がんじょうと言えば、ソルガレオルナアーラネクロズマの専用技に貫通される心配があるのだが、エスパー弱点と一緒に出せばとんでくることは少ないであろう。また、1ターン目は範囲技+弱点でネクロズマが狙われることが多いので、ネクロズマが守ってドンファンでがむしゃらをとばしていくことが可能。HP1の相手にはこおりのつぶてを打って倒したり入れ替え読みでもう一回がむしゃらをとばすこともできる。まもるを入れていないのは、あくまでトリックルームを安全に張るためのサポートという認識であることと、すぐに倒れてもらって後ろのカイオーガに繋げられるということが理由として挙げられる。また、キノコのほうしやねむりごな持ちのポケモンであっても圧倒的破壊力を持つポケモンを無視することはできないと思うので、擬似的なこのゆびとまれ効果を自然と持たせることができ、ネクロズマが安全にトリックルームを張ることができるのだ。ジャイロボールはゼルネアスをギリギリ倒せないのが気になるが、命中安定の大きなダメージソースとしての使い勝手は最高だった。10まんばりきはカプ・コケコやガオガエンといった地面弱点ポケモンを見るために入れている。

 

 

ラランテス

性格:ゆうかん 持ち物:フィラのみ 特性:あまのじゃく

実数値:175-172-110-×-113-45

技:リーフブレード ばかぢから はたきおとす まもる

 

WCSルールで注目されはじめて使用率が上がってきたポケモン。天邪鬼なカマキリだ。トリル下でガオガエンカイオーガへの打点を持ってるすごいやつ。はたきおとすはソルガレオルナアーラ、半分回復きのみ持ちのポケモンへ打つことができる。ほのお技は雨下で受けることによっていい感じに耐えて回復きのみを発動していくことが多かった。とにかく使いやすい。

 

 

アギルダー

性格:おくびょう 持ち物:サイコシード 特性:かるわざ

実数値:187-×-60-121-80-216

技:アシッドボム いのちがけ アンコール まもる

 

前述カプ・テテフのパートナー。こちらも先発で出すことが多かった。アシッドボムでカプ・テテフをサポートする動きが基本となる。アンコールはおいかぜやジオコントロールやまもるなどの変化技を使ったポケモンに上から打って展開を遅らせる。また、カプ・テテフと相手のカイオーガの特性発動順で相手がスカーフだと分かったほとんどの場合、カイオーガを倒すことができる。また、ネクロズマアギルダーが並んだ場合、ネクロズマトリックルームを打ちながらアギルダーはいのちがけで退場し、後ろのアタッカーに繋げる動きをすることができる。

 

【選出】

基本選出①

先発:カプ・テテフ アギルダー

後発:ネクロズマ カイオーガ

 

基本選出②

先発:ネクロズマ ドンファン

後発:カイオーガ ラランテス

 

基本選出①は主にドーブル入り、ルナアーラ始動型、追い風パなどに投げる。

基本選出②は主にトリルパ、スカーフ以外のカイオーガ入り、ナットレイ入り、晴れパなどに投げる。

 

基本選出とか言ってますが、このptの投げ方は本当にこの2パターンしかありません。逆に言えばこの2パターンで全てのptに対応できるといっても過言ではないと思います。

 

最後に3日間の勝敗でも載せておきます。

12-3 11-4 8-7

最高1730 最終169x

ptは完璧だったはずなので完全に実力不足でした…

 

インターネット大会【トリックホリック】 軽い環境予想メモ

 

f:id:korutaka_poke:20181010221008j:plain

次のインターネット大会「トリックホリック」が発表されたので軽くメモ程度の環境考察でもしていこうかなと思います。

 

大会概要はこちらから

https://3ds.pokemon-gl.com/information/4b7d9bd7-f965-4dc1-9890-70e590115fe8

 

Twitterでは参加可能ポケモンをまとめてくださった方がいらっしゃったのでそちらも貼っておきます

twitter.com

 

今大会のトップメタは間違いなく f:id:korutaka_poke:20181010222717p:plain になると思うので、まずはこいつに強いポケモンとしてゴツメ持ち f:id:korutaka_poke:20181010232309p:plain が一定数増えるんじゃないかと予想しています。

 

それに伴ってバルジーナに強い f:id:korutaka_poke:20181010232147p:plain だったり f:id:korutaka_poke:20181010232617p:plain がでてきたりするんですかね?こいつにかんしてはZ催眠術とのかいう犯罪技を使えるので、それ一点採用の個体も一定数出てきそうではある。

 

また、今回の大会はゴーストタイプだったりエスパータイプポケモンが多いのでトリルパも一定数いるかと。トリルアタッカーも f:id:korutaka_poke:20181010232213p:plain だったり f:id:korutaka_poke:20181010232126p:plain 、メガこそないけれど f:id:korutaka_poke:20181010232137p:plain がいたりします。

 

 

今日時点での考察はまだまとまっていないのでここらで終了。

【最高1812】WCS2018レート 使用構築 ラグウォーグル雨パ

先日ナッシュビル(=アメリカ)で行われた世界大会が終わって、「VGC2017」も完全に幕を閉じました。今月4日からはWCSレートが「VGC2018」のレギュレーションとなって新たな戦いが繰り広げられるということで、今回は、僕が今までWCSレートで使ってきたptを "書き収め" という形でブログに綴っていきます。

 

【パーティ】f:id:korutaka_poke:20180901220749p:plain

ポケモン

性格

技1

技2

技3

技4

持ち物

特性

ニョロトノ

穏やか

ねっとう

てだすけ

ほろびのうた

まもる

脱出ボタン

あめふらし

ラグラージ

意地っ張り

じしん

たきのぼり

れいとうパンチ

まもる

ラグラージナイト

しめりけ

ガオガエン

意地っ張り

ねこだまし

とんぼがえり

はたきおとす

フレアドライブ

突撃チョッキ

いかく

ウォーグル

陽気

ブレイブバード

おんがえし

ばかぢから

とんぼがえり

こだわりスカーフ

まけんき

カプ・コケコ

臆病

かみなり

マジカルシャイン

ちょうはつ

まもる

デンキZ

エレキメイカ

モロバレル

生意気

いかりのこな

キノコのほうし

エナジーボール

まもる

フィラの実

さいせいりょく

 

QRレンタルパーティ】

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-446F-9F55

 

【構築経緯】

「WCS2017」ルールが発表されて、メガ進化が使えることが判明したのでORAS時代から使ってたメガラグラージを採用するところからスタート。

雨要因としては、耐久があって滅びで相手を強制突破できるニョロトノで確定。

カプ・コケコは雨とのシナジーが良いかみなり持ちでZを消費したあとも高火力で殴っていけそうだったので採用。また、挑発を持っていてポリ2始動やメンハ未保持の甘えたトリパ対策にもなりそうと考えた。

ptを組み始めた当時は

ガオガエン→Aペルシアン ウォーグルメガボーマンダ モロバレル→鉢巻ナットレイ

だったが、ランドロスメガリザードンYが大量発生してたので、まけんき持ち かつ とんぼ返りで天候を変えられるウォーグルと(鉢巻)ナットレイではできることが限られてきて対雨パ対策としては弱いと感じたので、ぺリッパーの暴風やミズZを吸えるDに厚く振ったモロバレルを採用。

VGC2017でアマージョが活躍したことから、試しに採用してみたけど自分には使えこなせなかったのは内緒

その後、威嚇ガオガエンが解禁されてナットレイを中心とした草対策として組み込んだ。

 

【個別解説】

ニョロトノ

性格:おだやか 持ち物:だっしゅつボタン 特性:あめふらし

実数値:197-×-116-111-144-91

技:ねっとう てだすけ ほろびのうた まもる

 

ORAS時代に使っていたニョロトノを少し改変したもの。

元の調整はこちら

ニョロトノ : ダブル雨パ 脱出ニョロトノ|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

B:第7世代A+252メガガルーラのおやこあいすてみタックルを確定耐え

D:エレキフィールド下で火力補正無しC252コケコの10万ボルトを確定耐え

 

基本的に後投げ。天気を変えてから脱出してアタッカーに繋いでいく。

優秀すぎる耐久力でほとんどの攻撃を耐えて戻ることができ、天候を奪われた時でもすぐに取り返すことができる。ボタン消費後も置物になることが少なく、てだすけで火力アップを狙ったり、クレセリアテッカグヤなどの要塞を滅ばせられる。

意外と長生きするので使いやすかった。

 

 

ラグラージ

性格:いじっぱり 持ち物:ラグラージナイト 特性:しめりけ

実数値:175-178-110-×-115-108

技:じしん たきのぼり れいとうパンチ まもる

メガ後

実数値:175-222-130-×-135-118

 

このptのエース。こちらも後投げが多く、ニョロトノの後ろからだとかウォーグルに飛んでくる電気技を無効化しながら投げられるので威嚇を受けずに無償降臨できることも少なくない。

雨下のたきのぼりの威力は凄まじく、並の耐久力のポケモンでは受けられない。ニョロトノにてだすけをしてもらった状態だとH252テッカグヤに対して184~217ダメージ与えることができ、乱数1発(43.7%)となる。

じしん、たきのぼりだけではブルルやモロバレルへの打点が無くなってしまうのでれいとうパンチを採用していて、H252ブルルには5~6割、HB特化モロバレルでも4~5割程度入る。

WCSレート開始直後は、大爆発→トリルという展開をしてくるptが少なからず存在していたので特性しめりけはだいぶ役に立った。(と思いたい)

 

ガオガエン

性格:いじっぱり 持ち物:とつげきチョッキ 特性:いかく

実数値:201-176-111-×-116-83

技:ねこだまし とんぼがえり はたきおとす フレアドライブ

 

ねこだましラグラージウォーグルをサポートしたり、このptが苦手とする草(特にナットレイ)を倒す役割。チョッキのおかげで+C252ルンパッパの雨下ねっとうを余裕で耐えたり、+C252珠テテフのムンフォを2耐えしたりとなかなかの耐久。雨とフレドラは相性が良くないのは事実だが、それでも炎打点を持ってるのは強かった。ねこだましととんぼがえりが使えるので、1ターンくらいプレミしても立て直しが容易になるのが最大の強み。ポリ2やラッキーなどの輝石持ちにもはたきおとすを打って耐久ダウンを狙える。こちらも器用な動きが出来て使いやすかった。

ウォーグル

性格:ようき 持ち物:こだわりスカーフ 特性:まけんき

実数値:175-175-95-×-96-145

技:ブレイブバード おんがえし ばかぢから とんぼがえり

 

このptの裏エースで主に先発担当。ランドロスガオガエンの威嚇を受けてまけんき発動を狙う。まけんき1回発動しただけでもばかぢからでガオガエンを落とすことが出来たり、てだすけとおんがえしを合わせることでランドロスやコケコなどを持っていけるほどの火力がでる。このptでルンパッパに唯一抜群が取れるポケモンだが、雨下で対面だと勝てないのでねこだましと合わせたり、後から出てきたところを狙う。(そもそもルンパッパの数が少ないのでそれほど気にする必要も無い気がする)

性格が意地っ張りなら威嚇1回でランドロスを倒せなくもないが、それだと準速スカーフランドロスを抜けないので陽気を採用している。(最速スカーフは知らん)

 

f:id:exit080711:20180430144937g:plain

カプ・コケコ

性格:おくびょう 持ち物:デンキZ 特性:エレキメイカ

実数値:145-×-105-147-96-200

技:かみなり マジカルシャイン ちょうはつ まもる

 

WCSレート初期の頃は「コケコのZ10万耐え調整」というのをちょくちょく見た(特にガルーラ)ので、そいつらを吹っ飛ばせるZかみなりを採用している。構築経緯でも書いたが、雨パとかみなりとの相性は抜群だということ、雨が降っている限り命中安定のお手軽高火力をぶっぱなせるということが強かった。ちょうはつはトリル持ちに打てるのは勿論だが、サンダーに打って追い風を阻止したり、ドーブルやラッキーなどの補助技を使うポケモンを一時的に足止めしたり出来たのでまあまあ使いやすかった。

 

モロバレル

性格:なまいき 持ち物:フィラの実 特性:さいせいりょく

実数値:221-×-113-105-121-31

技:いかりのこな キノコのほうし エナジーボール まもる

 

調整はこちらを丸々パ〇リました。

http://26-ganger.hatenablog.com/entry/2018/07/10/130908

 

対雨パと対トリル用のポケモン。攻撃技がエナジーボールなのは相手のメガラグラージを落とせるため。H252振りでも確定で持っていける。なぜか警戒されないのでバンバン倒せていけるのが最高に気持ち良い。守るの存在だが、集中砲火を避けたり、メガリザードンYに天候を取られて炎技が飛んできても、守れれば次のターンに雨降らせて耐えて眠らせられるっていう動きも出来るので個人的には好き。

 

【選出】

〈基本選出〉

先発:カプ・コケコ+ウォーグル

後発:ニョロトノ+ラグラージ

 

相手の初手がリザードンや特性始動の天候要因だった場合は、ウォーグルはそのポケモンにとんぼがえりを打って天候奪還を狙う。その後、ニョロトノ降臨→ボタン発動→ラグラージ無償降臨という流れで雨が降ってる状態で威嚇を受けていないラグラージが場にいるという状況を2ターン目までに作ることが出来る。

コケコの隣で目混るしく交換している間、コケコはZかみなりで相手をぶっぱなしたり、めんどくさいポケモンをちょうはつで止めたりしてラグラージがさらに動きやすくなるようにする。

コケコに飛んでくる地面技やラグラージの巻きこみ地震を避けるためにウォーグルと交換して、雨下でラグウォーグルの盤面を作ることが出来れば完璧。

 

•対トリル パターン1

先発:カプ・コケコ+ガオガエン

後発:ニョロトノ+モロバレル

 

こちらは相手のトリックルームを利用していくことも出来るし、コケコのZかみなりとガオガエンのはたきおとすでトリル要因に集中砲火を浴びさせて倒すことも出来る。基本的には2匹はコケコとガオガエンで倒して、残り2匹をニョロトノのほろびのうたで倒す。初手にエレキフィールドを展開するポケモンを置いているので、モロバレルを動かすときは注意する必要。

 

•対トリル パターン2

先発:カプ・コケコ+ラグラージ

後発:ニョロトノ+モロバレル or ガオガエン

 

こちらは相手のトリックルームを完全に封じて雨パで攻めていくタイプ。所謂スイッチトリルに対しての選出。トリックルームはコケコのちょうはつで止め、〈基本選出〉と同じような動きをする。相手にナットレイがいる場合は確定でガオガエン、その他の場合は相手のptによってモロバレルガオガエンの選択となる。

 

•対雨パ

先発:カプ・コケコ+ガオガエン

後発:モロバレル+ウォーグル

 

初手ねこだまし+Zかみなりで展開していくが、なかなかそのような展開ならない事が多い。2匹とも地面が通るので、相手の初手にラグラージがいたらどちらかと交換してエナジーボールで倒す。モロバレルエナジーボールメガラグラージが倒せることはあまり認知されていない(警戒されない)ので強気に動かしていくのが吉。

 

•対テテフグロス

先発:ウォーグル+ラグラージ

後発:ガオガエン+ニョロトノ

 

テテフグロスには天候要因が入っていることが多いのでこの並びで投げる。相手が素直にテテフグロスで投げてきたならば雨を降らせてラグラージで殴っていくのが理想だが、トリトドンがいる場合は注意が必要。どちらにしろ、雨下でウォーグルラグラージが並んでいる状態であれば大抵は楽に突破できる。

 

f:id:korutaka_poke:20180902131727j:image

こちらのptはWCSルールだけではなく、ダブルでも充分戦えるptです。画像はダブルレートのランキングで、このときが自分の最高レートでした。(WCSの記事なのに最高はダブレとかいう←)

『Let’s Go! ピカチュウ・イーブイ』考察 ~throwingピカチュウ~

こんにちは、コルタカです。約半年ぶりのブログ更新となりました(驚愕)

しばらくポケモンから離れていましたが、ふとPGLを見てみると面白そうな大会が開かれるそうなので考察してみました。ルールは自分で調べてください。

Pokémon Global Link

続きを読む

【ポケモンSM/USUM乱数調整】偽トロがなくても針の位置を簡単に読み取る方法(iOS端末・PC使用)

どうも、こんにちは。

今回は偽トロなしで簡単に針の位置を読み取る方法(iOS端末・PC使用)を紹介します。

※乱数調整のやり方については紹介しないので、自分で調べてください。

f:id:korutaka_poke:20171228095449p:plainさて、SM/USUM乱数において針を読むという行為は基本の行為となります。偽トロを持っている人はこの段階をすらすらっとこなしてしまいますが、偽トロを持ってない人にとってはこの段階を踏むだけで一苦労してしまう人もいるようです。(自分もその一人でした)そこで、どうにかならないものかと悩んだところ「PCに3DSの画面を映しさえできれば簡単になる?!」という考えに至ったので今回ブログにまとめることにしました。

〈必要なもの〉

iOS端末(Airplay対応機種)

・PC

3DS

ポケモンSM/USUM

・LonelyScreen(フリーソフト

f:id:korutaka_poke:20171228101754p:plain

・NeedleRead(フリーソフト

f:id:korutaka_poke:20171228102112p:plain

まずは、必要なツールをダウンロードしましょう

 

LonelyScreen https://as.lonelyscreen.com/download.html

〔Airplay機能を使用してiOS端末の画面をPCに映すソフト〕

NeedleRead https://www.axfc.net/u/3774416

〔針を自動で読み込んでくれるソフト〕

それでは、針位置を読む準備をしていきましょう!

①LonelyScreenを起動してAirplayでiOS端末とPCを接続させる。
f:id:korutaka_poke:20171228104639p:plain
f:id:korutaka_poke:20171228105040p:plain

PCとiOS端末を接続したら、画像右のようにiOS端末で3DSの画面を映しましょう。

②始めにダウンロードしたNeedleReadを解凍して、NeedleRead1.1_86を開きましょう。

 

f:id:korutaka_poke:20171228105727p:plain

③端末のカメラでトレーナーの画像をできるだけズームして、NeedleReadの「録画窓」をこのように合わせます。

 

f:id:korutaka_poke:20171228110052p:plain

ここまでくれば準備は完了です。

実際に針の位置を読んでみましょう!

今回は初期seedを求めてみたいと思います。

f:id:korutaka_poke:20171228110928p:plain

ということでしっかり読み取ることができました。偽トロではないので画質は悪いのですが、正しく表示されています。

自分は、以前までipodのカメラで録画したものをスロー再生させて針の位置を読んでいましたが、この方法を使ったほうが楽だと感じました。偽トロがなくて苦労している方、試してみてはいかがでしょうか?

P.S

f:id:korutaka_poke:20171228111912j:plain

このやり方で針を読みはじめてから初の色乱数成功はビリジオンでした!

【ポケモンUSUM】ダブル向け コルタカ式Christmasパ 2017

どうも、こんにちは。久しぶりにブログを更新します。

さてさて、

今年もChristmasがやってきてしまいました。

ということで、今回は自分のホームであるダブルバトルで使えるChristmasパを組んでみたので紹介したいと思います。(使えるとは言ってない)

下の方で爆弾がうずうずしてますが気にしないでおきましょう。

f:id:korutaka_poke:20171223213300p:plain<おいらの出番かな?

 

そんじゃメンバー紹介しちゃいます!

f:id:korutaka_poke:20171224000024p:plain
f:id:korutaka_poke:20171224000044p:plain
f:id:korutaka_poke:20171224000055p:plain
f:id:korutaka_poke:20171224000105p:plain
f:id:korutaka_poke:20171224000118p:plain
f:id:korutaka_poke:20171224000129p:plain

左から、

サンタさんトナカイケーキツリーのトップスターツリーの電飾ツリー

となっています。

 このPTの戦い方としては、

 

サンタさんツリーオーロラを呼び出して

ケーキがドラムドゥンドゥンする or 電飾が精神統一する

からの全抜き

 となっています。

それでは各詳細をみていきましょう。

 

f:id:korutaka_poke:20171224000024p:plainサンタさんこと「デリバード

性格:陽気 特性:やるき 持ち物:気合の襷

個体値:V-V-V-×-V-V 努力値:A252-S252-D4

技:猫だまし/オーロラベール/道連れ/守る

 

今回のパーティの主役で、サポートに徹するサンタさん。

Sに補正をかけてぶっぱしても実数値は139しかない。耐久も雀の涙ほどなので気合の襷は必須である。どれだけ相手の動きを読んでタイミングよくオーロラベールを張れるかがポイント。3枠目は道連れを採用したが、そもそもHP1のデリバードにあまり攻撃がとんでこないので、凍える風を採用したほうが使いやすそうだと感じた。

 

f:id:korutaka_poke:20171224000044p:plainトナカイこと「オドシシ

性格:陽気 特性:威嚇 持ち物:こだわりスカーフ

個体値:V-V-V-×-V-V 努力値:H252-S252-D4

技:催眠術/トリックルーム/吠える/恩返し

 

とりあえず上から催眠術をする犯罪ポケモン。なお命中率は60%である。

トリックルームは相手が追い風展開をしてくるとき、吠えるは相手がトリックルーム展開をしてくるときに打つ。Sは補正込みぶっぱ+スカーフで実数値は225となる。ラインとしては、最速151族(フェローチェ)+2、スカーフ準速100族(リザードンウルガモスなど)-3となる。基本的には催眠術しか使わない。4枠目の恩返しは最後の詰めに使いたかったが、一度も使ったことがない。

 

f:id:korutaka_poke:20171224000055p:plainケーキこと「ペロリーム

性格:陽気 特性:軽業 持ち物:オボンの実

個体値:V-V-V-×-V-V 努力値:H244-D116-S148

技:じゃれつく/ドレインパンチ/腹太鼓/守る

 

H:偶数

S:腹太鼓後(オボンの実)消費後スカーフ最速95族抜き抜き抜き抜き(実数値244)

D:余り、D>B

XYのころシングルで見かけられたらしいドラマー。

基本的にはオーロラベールが張られたあとに積む。ガルーラやヒードランが悠々と出てくるが、ドレインパンチで吹き飛ばしましょう。オーロラベール+腹太鼓の制圧力は凄まじいが、オーロラベールが切れて攻撃を食らうとHPが満タンでも落ちてしまうことが多いので注意。A+5じゃれつくで霊獣ランドロスを落とせなかったので、DをAに回すのもあり。(要計算)

 

f:id:korutaka_poke:20171224000105p:plainツリーのトップスターこと「スターミー」

性格:臆病 特性:自然回復 持ち物:ミズZ

個体値:V-×-V-V-V-V 努力値:C252-S252-D4

技:サイコキネシス/ハイドロポンプ/サイドチェンジ/守る

 

世間ではゲッコウガの完全劣化だと言われていたようだが、USUMでサイドチェンジを習得して差別化ができるようになった。ミズZ持ちなので、炎タイプのポケモンをけん制できる。初手両守るで相手のリザードンがメガ進化してから、隣のポケモンユキノオーに入れ替え、天候を取り、ミズZで倒すこともできる。スターミーのサイドチェンジはほとんど知られていないので強い(小並)

デンジュモクペロリームと相性補完ができているので、それを活かすことができるのも評価できる。サイコキネシスペロリームが相手できない毒タイプへの打点。

 

f:id:korutaka_poke:20171224000118p:plainツリーの電飾こと「デンジュモク

性格:臆病 特性:ビーストブースト 持ち物:ウイの実

個体値:V-×-V-V-V-V 努力値:H252-S252-D4

技:10万ボルト/目覚めるパワー氷/ほたるび/守る

 

このPTの中で最も合計種族値が高いポケモンちなみに最低はデリバード(330)

こちらも基本的にオーロラベールが張られた後にほたるびを積むが、腹太鼓と違いHPが減らないので、オーロラベールが張られていなくても隣で猫だましやらサイドチェンジやらをしているときに積んでしまうことがあっても良い。目覚めるパワー氷の枠は以前はエナジーボールで使っていたが、草への打点がなくなってしまうのでこちらにした。S実数値は148とそこまで高くなく、ラインは準速95族(カプ・テテフウインディなど)+1となっている。

 

f:id:korutaka_poke:20171224000129p:plainツリーこと「ユキノオー

性格:慎重 特性:雪降らし 持ち物:脱出ボタン

個体値:V-V-V-×-V-V 努力値:H252-D252-B4

技:絶対零度/凍える風/氷の礫/宿り木の種

 

デリバードの隣に出てきて天候を取るだけのポケモン。基本的には後だし。相手に天候要因がいる場合(メガ進化も含む)は慎重に出しましょう。宿り木の種は交代先の積みアタッカーのHPを少しでも回復させるためにいれてある。S実数値は80なので、鈍足~中速ポケモンに対しては宿り木の種を打って退場できる。それより相手のSが高いようであれば氷の礫を打ちましょう。凍える風は基本的に脱出ボタン消費後にデンジュモクのサポートとして使う。絶対零度のPPは増やしておきましょう。

 

いかがでしたでしょうか。このChristmasパは勝つことよりも楽しむことの方が大切だと思うので、これを使ってChristmasを楽しんじゃいましょう!!

楽しむ割には戦術がガチとかいうツッコミは無しで

【シャドースチール感想】†シングルはダブル以上に運ゲー†

どうも、こんにちは。

 

今回は、先日行われた、インターネット大会「シャドースチールの感想を書いていきたいと思います。

f:id:korutaka_poke:20170829171756j:plain

以下、シングルにわかの「感想」という名の「愚痴」となります←超重要!!

 

自分にとって、この大会は真面目に考察してきたつもりだし、7世代に入って2回目のシングル大会だったのでとても楽しみにしていました。

 

しかし、ある事が立て続けに起きたため30戦も戦わないうちにやめてしまった…

それは、、、

相手の豪運による運負け

どういったものかというと、

  • 相手のフレアドライブで火傷を引く
  • 相手の冷凍ビームで凍らされる
  • 相手のじゃれつくでAが下がる→かげうちでマリルリを突破できない
  • 受けだしの急所

などのことです。

今回は、「こちら側の命中不安定技を外した」ということは除外します。

 

約30戦のうち、敗因はほとんど運負けによるものでした。最低でも運負けで9試合は落としてます。もちろん、それだけが負けた理由ではない試合もありますが…

 

 証拠画像がないのが残念ですが本当のことなんですよ⁈

これは、岩雪崩ひるみがあるダブルよりも酷いと思いましたw

 

一番印象に残ってるのは、マーシャドーオニゴーリ対面のとき…

 

相手 守る

こちら シャドースチール(守られる)

相手 回避がぐーんと上がった!

こちら シャドースチール

    しかし当たらなかった!

相手 氷のいぶき

こちら マーシャドー倒れる→負け

 

オニゴーリ対策のシャドースチールなのに当たんなかったら意味ないじゃん…

まあ、終わってしまったことだからしょうがないんだけどね

 

今回は雑記程度で終わらせていただきます。

それでは (´∀`*)ノシ