天邪鬼なカマキリ

ポケモンのことを中心に色々書いていきます

インターネット大会「シャドースチール」環境考察 ~参加可能な禁伝・幻のポケモン編~

どうも、こんにちは。

前々回のインターネット大会「プリティプリマ」にて、構築紹介記事を「LINE Q」に書いて後悔したので、新規ブログ開設をしました。以後よろしくお願いします。

(その記事はこちら【プリプリジュニアカテゴリ最終10位】pt詳細メモ - LINE Q)

 

f:id:korutaka_poke:20170804014849j:plain

さて、次のインターネット大会の「シャドースチール」の開催が発表されてから何日か経ちましたが、環境考察とかやっていきます。

 

~大会概要~


■エントリー期間
2017年8月17日(木)14:00~25日(金)8:59

■開催期間
2017年8月25日(金)9:00~28日(月)8:59

■ランキング結果発表
2017年9月上旬予定

■対戦ルール
【バトル形式】シングルバトル

【使用できるポケモン全国図鑑No.001~802のポケモン
※図鑑No.が同じポケモンでも、何匹でも使用することができます。
ミュウツー、ルギア、ホウオウ、カイオーガグラードンレックウザディアルガパルキアギラティナアルセウス、レシラム、ゼクロムキュレムゼルネアスイベルタルソルガレオルナアーラを除く。
※『ポケットモンスター サン・ムーン』で手に入れたポケモンに加え、3DSダウンロードソフト『ポケモンバンク』を使って過去作から連れてきたポケモンを、そのまま使用することができます

 

【どうぐについて】
この大会では、参加させるポケモンに同じ道具を持たせることができます。

 

この大会の特徴はなんて言っても、

が挙げられると思います。

3つ目に関しては、PTが6体中3匹がスカーフシェイミで上から天の恵みエアスラとか出来ちゃうってことですね。また、1つ目に関してはやっとALL100族が公式の場で活躍できるということになります。

 

ここで使える禁伝(幻)のポケモンたちを見ておきましょう。

※注意すべきだと思うポケモンは赤文字

 

ミュウ 100-100-100-100-100-100(600)

 

セレビィ 100-100-100-100-100-100(600)

 

ジラーチ 100-100-100-100-100-100(600)

 

デオキシス(ノーマル)50-150-50-150-50-150(600)

 

デオキシス(アタック)50-180-20-180-20-150(600)

 

デオキシス(ディフェンス)50-70-160-70-160-90(600)

 

デオキシス(スピード) 50-95-90-95-90-180(600)

 

フィオネ 80-80-80-80-80-80(480)

 

マナフィ 100-100-100-100-100-100(600)

 

ダークライ 70-90-90-135-90-125(600)

  

シェイミ(ランド)100-100-100-100-100-100(600)

 

シェイミ(スカイ)100-103-75-120-75-127 (600)

 

ビクティニ 100-100-100-100-100-100(600)

 

ケルディオ(いつものすがた・かくごのすがた)91-72-90-129-90-108(600)

 

メロエッタ(ボイス)100-77-77-128-128-90(600)

 

メロエッタ(ステップ)100-128-90-77-77-128(600)

 

ゲノセクト 71-120-95-120-95-99(600)

 

ジガルデ(10%)54-100-71-61-85-115(486)

 

ジガルデ(50%)108-100-121-81-95-95(600)

 

ジガルデ(100%)216-100-121-91-95-85(708)

 

ディアンシー 50-100-150-100-150-50(600)

8/10編集(8月10日、ディアンシナイトが解禁されました)

 

フーパ(いましめられしフーパ)80-110-60-150-130-70(600)

 

フーパ(ときはなたれしフーパ80-160-60-170-130-80(680)

 

ボルケニオン 80-110-120-130-90-70(600)

 

ネクロズマ 97-107-101-127-89-79(600)

 

マギアナ 80-95-115-130-115-65(600)

 

マーシャドー 90-125-80-90-90-125(600)

 

流石にすべてのポケモンは考察できないので、赤文字になったポケモンだけ考察していきます。以下、常体。

 

①ミュウ

こいつは言わずと知れた全ての技(教え技・技マシン)を覚えるポケモンなので、型が読みにくい。また、バトンタッチを覚えるため、悪だくみや瞑想などをガン積みされて後続につなげられると厄介だが、その対策は後述のマーシャドーで可能だ。特性がシンクロのため、状態異常にするとそのまま自分に返ってくるので注意。

 

デオキシス(アタック)

種族値的には、Sはノーマルフォルムと変わらず(150)、BDから30ずつ引いたものをACに足している感じ(AC180)。このポケモンでは襷両刀型が流行りそうである。C180から繰り出される一致威力140(210)技はとても強力。対策には、素早さ種族値が151でデオキシス(スピード以外)より「1」だけ高い最速フェローチェを使うと良さそう。

 

マナフィ

ポケモンSMになって、専用技を無くした可哀想なポケモン()

それでも蛍火型は強力である。同じ蛍火使いのデンジュモクには特攻以外はすべて勝っており、耐久力があるので食べ残し蛍火型も一定数みられそうだ。また、レベル技でアクアリングも覚えることができる。

 

シェイミ(スカイ)

天の恵みエアスラができる緑の悪魔。恐らく今大会のトップメタ。

今大会のルール上、シェイミ×6のPTで潜る猛者は必ずいるだろう。スカーフ型、眼鏡型、珠型、襷型など、持たせる持ち物によって対策のされ方も変わる。また、技のデパートでもあり、特殊技は、シードフレアエアスラッシュリーフストーム、大地の力、目覚めるパワー、マジカルシャインなどを覚え、変化技は、宿り木の種、癒しの願い、天使のキッス、光合成、追い風などを覚える。がむしゃらも覚えるため、襷型にも注意。もちろん、スカーフエアスラ型にも。シェイミ(ランド)ばかりは完全には対策出来ないので、PT単位でシェイミに強くするしかないか。

 

⑤ジガルデ(50%・100%)

特性スワームチェンジにより、50%→100%に変身する。襷型や最速身代わり型などが一定数いそう。このポケモンの基本的な立ち回りは、龍舞→変身→物理技ぶっぱだと思うので、襷マーシャドーや挑発などで対策をするとよいと思う。

100%のときの合計種族値は700を超える(なおHが約2/7を占めている模様)

 

ディアンシーはメガが解禁になりました。(8/10追記)

(8月4日現在、ディアンシナイトは未解禁)となっているが、つまりは、ディアンシーを見かけても「そいつはメガじゃねえぞ!」ってこと。

 

フーパ(ときはなたれしフーパ

Aが160、Cが170もあり、両刀向きの種族値をしている。物理専用技の威力が100(150)、特殊専用技の威力が80なので、物理メインで使われることが多くなるか。物理専用技は

悪タイプ、特殊専用技がエスパータイプで、どちらも必中、守るを貫通する。

虫タイプが4倍弱点なので、不意の虫技(蜻蛉返りなど)に注意して運用する必要がある。

 

マギアナ

マナフィから専用技を奪ったポケモン()

マギアナ自身の専用技、フルールカノン(威力130・使用後Cが2段階ダウン)で下がったCを元マナフィの専用技、ハートスワップ(自分と相手の能力変化をすべて入れ替える)で相手に押し付けるという戦法がある。また、このポケモントリックルームを覚えるため、速くないS(65)をいかしてトリルアタッカーとしても使うことができる。BDともに高いので、シェイミ対策になるかもしれない。

 

マーシャドー

今回の主役ポケモン

ミュウやジガルデなどの積んでくる相手に強気に出すことができる。理由は専用技の「シャドースチール」の効果にあり、「相手の能力ランクの上昇を盗んで攻撃する」というもの。例えば、加速と剣舞でASが6段階上がっているバシャーモがいるとする。そいつにこの技を打ち込むと、マーシャドーの能力がAS6段階上昇となり、バシャーモの能力変化は±0となる。また、がむしゃら、影うち、不意打ちをレベル技として覚えるので、がむ石化のような使い方もできる。しかし、襷で運用すると火力が足りない感がする。

 

以下、敬体にもどします。

今回は参加可能な禁伝・幻のポケモンの中でも、注意すべきポケモンを見ていきましたがどうでしたでしょうか。恐らくシェイミが今大会のトップメタとなると思いますが、自分はマーシャドー推していきたいです。シャドースチールの効果に惚れましたw

また、今回は始めてのブログで長々と書いてしまいましたが、ここまで見てくださった方、ありがとうございます。

次回は、一般ポケモンの考察をしていきます(多分)

 

それでは (´∀`*)ノシ