天邪鬼なカマキリ

ポケモンのことを中心に色々書いていきます

【落ちぶれINC】ドンファン入り 日食ネクロズマ+カイオーガ

こんにちは、コルタカです。

先日、INC Nov.が開催されました。参加された方はお疲れ様でした!ツイッターを見てるとボーダーは1830越えだったりする噂らしいですね。2日目からガバプレイングで落ちぶれた僕には関係ない話。予選抜けされた方には頑張っていただきたいものです。

 

と、まあそういうのは置いといて今回は大会で使用した構築を紹介していきます。

 

【パーティ】

f:id:korutaka_poke:20181203162933p:plain

ポケモン

性格

技1

技2

技3

技4

持ち物

特性

日食ネクロズマ

呑気

フォトンゲイザー

メテオドライブ

トリックルーム

まもる

メンタルハーブ

プリズムアーマー

カイオーガ

呑気

しおふき

こんげんのはどう

かみなり

まもる

パワーリスト

あめふらし

カプ・テテフ

控えめ

ムーンフォース

サイコキネシス

シャドーボール

まもる

きあいのタスキ

 サイコメイカ

ドンファン

勇敢

10まんばりき

ジャイロボール

がむしゃら

こおりのつぶて

黒い鉄球

がんじょう

ラランテス

勇敢

リーフブレード

ばかぢから 

はたきおとす

まもる

フィラのみ

あまのじゃく

アギルダー

臆病

アシッドボム

いのちがけ

アンコール

まもる

サイコシード

かるわざ

 

QRレンタルパーティ】

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-9583-4D09

 

【個別解説】

 

日食ネクロズマ

性格:のんき 持ち物:メンタルハーブ 特性:プリズムアーマー 

実数値:204-178-170-×-153-73

技:フォトンゲイザー メテオドライブ トリックルーム まもる

 

こいつがいなきゃ始まらない。抜群技でも特性込みで余裕で耐えられるトリル発動要因である。耐久方面の調整としては、眼鏡特化ルナアーラシャドーレイを確定で耐えるようになっていて、残りはBとAに4だけ振っている。大会では眼鏡ルナアーラとは当たらなかったが、特性のおかげもあり集中砲火を食らっても倒されることは少なかった。持ち物について、初期はイベルタルがどうしても重く、じゃくてんほけんを持たせていたが、挑発を受けトリルを張れなくてptが回らないことのほうが深刻であったため、メンタルハーブを採用した。

 

 

カイオーガ

性格:のんき 持ち物:パワーリスト 特性:あめふらし 

実数値:206-×-116-202-161-99

技:しおふき こんげんのはどう かみなり まもる

 

このptのメインアタッカーであり、トリル下でどんどん殴っていく最遅カイオーガである…はずだった枠。まず実数値がこんなにも汚い数字になっているのは、このカイオーガGTS産であり、なおかつ王冠を使っていないからだ。しかもトリル下で使うのに最遅でなかったので、相手のラランテスに倒されることが異常に多くなってしまったが、それでもしおふきの制圧力は凄まじかった。努力値はHC252B4でいたって普通の配分となっている。

 

 

カプ・テテフ

性格:ひかえめ 持ち物:きあいのタスキ 特性:サイコメイカ

実数値:145-×-95-200-136-147

技:ムーンフォース サイコキネシス シャドーボール まもる

 

後述アギルダーのパートナー。先発で出すことが多かった。きあいのタスキを持っているので、カミツルギルナアーラの前でも強気に動けるのが超強くて、とくにルナアーラに関しては、アシッドボム+シャドーボールで確定で落とせるのがエライ。シャドーボールは他にもソルガレオミュウツーあたりにも刺さったので使いやすかった。あとは、単純にアシッドボム+テテフの技で大体のポケモンを倒せるのがポイント高い。

 

 

ドンファン

性格:ゆうかん 持ち物:くろいてっきゅう 特性:がんじょう

実数値:166-189-140-×-80-49

技:10まんばりき ジャイロボール がむしゃら こおりのつぶて

 

意外と知れてないけれど、とてつもないスペックを持ってるポケモン。主にネクロズマと一緒に先発で出す。がんじょうと言えば、ソルガレオルナアーラネクロズマの専用技に貫通される心配があるのだが、エスパー弱点と一緒に出せばとんでくることは少ないであろう。また、1ターン目は範囲技+弱点でネクロズマが狙われることが多いので、ネクロズマが守ってドンファンでがむしゃらをとばしていくことが可能。HP1の相手にはこおりのつぶてを打って倒したり入れ替え読みでもう一回がむしゃらをとばすこともできる。まもるを入れていないのは、あくまでトリックルームを安全に張るためのサポートという認識であることと、すぐに倒れてもらって後ろのカイオーガに繋げられるということが理由として挙げられる。また、キノコのほうしやねむりごな持ちのポケモンであっても圧倒的破壊力を持つポケモンを無視することはできないと思うので、擬似的なこのゆびとまれ効果を自然と持たせることができ、ネクロズマが安全にトリックルームを張ることができるのだ。ジャイロボールはゼルネアスをギリギリ倒せないのが気になるが、命中安定の大きなダメージソースとしての使い勝手は最高だった。10まんばりきはカプ・コケコやガオガエンといった地面弱点ポケモンを見るために入れている。

 

 

ラランテス

性格:ゆうかん 持ち物:フィラのみ 特性:あまのじゃく

実数値:175-172-110-×-113-45

技:リーフブレード ばかぢから はたきおとす まもる

 

WCSルールで注目されはじめて使用率が上がってきたポケモン。天邪鬼なカマキリだ。トリル下でガオガエンカイオーガへの打点を持ってるすごいやつ。はたきおとすはソルガレオルナアーラ、半分回復きのみ持ちのポケモンへ打つことができる。ほのお技は雨下で受けることによっていい感じに耐えて回復きのみを発動していくことが多かった。とにかく使いやすい。

 

 

アギルダー

性格:おくびょう 持ち物:サイコシード 特性:かるわざ

実数値:187-×-60-121-80-216

技:アシッドボム いのちがけ アンコール まもる

 

前述カプ・テテフのパートナー。こちらも先発で出すことが多かった。アシッドボムでカプ・テテフをサポートする動きが基本となる。アンコールはおいかぜやジオコントロールやまもるなどの変化技を使ったポケモンに上から打って展開を遅らせる。また、カプ・テテフと相手のカイオーガの特性発動順で相手がスカーフだと分かったほとんどの場合、カイオーガを倒すことができる。また、ネクロズマアギルダーが並んだ場合、ネクロズマトリックルームを打ちながらアギルダーはいのちがけで退場し、後ろのアタッカーに繋げる動きをすることができる。

 

【選出】

基本選出①

先発:カプ・テテフ アギルダー

後発:ネクロズマ カイオーガ

 

基本選出②

先発:ネクロズマ ドンファン

後発:カイオーガ ラランテス

 

基本選出①は主にドーブル入り、ルナアーラ始動型、追い風パなどに投げる。

基本選出②は主にトリルパ、スカーフ以外のカイオーガ入り、ナットレイ入り、晴れパなどに投げる。

 

基本選出とか言ってますが、このptの投げ方は本当にこの2パターンしかありません。逆に言えばこの2パターンで全てのptに対応できるといっても過言ではないと思います。

 

最後に3日間の勝敗でも載せておきます。

12-3 11-4 8-7

最高1730 最終169x

ptは完璧だったはずなので完全に実力不足でした…